主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

COPD (慢性閉塞性肺疾患 or 肺気腫 )

COPDが治った

もう1年以上前になりますが、奥さんのつきそいでいらしていた方が
「わたしも診てもらえませんか。健康診断でひっかかって、精検受けたらCOPDって言われたんですよ。わたしのほうは月一回でいいですから、よろしくお願いします」
と言い出されて、施術をはじめました。
それから1年、きっちり月一回受けられましたが、今年の健診ではなにもひっかからなかったと、先日うれしそうに話していらっしゃいました。
健診票を見せてもらいましたが、たしかに肺の評価欄には、前回 c が、今回 a と書いてあり、またレントゲンでも、前回映った影がまったくみえなくなったとのことでした。

健診を受けているクリニックは同じところなので、間違いはなかろうと思います。
咳もいくらか出ていたのが出なくなり、ご本人のお話では、階段を二階まであがるのに途中ぜいぜい言いながら休んでいたのが、まったく平気になりましたとのこと。

だいたいはより重篤な他の病気の治療のついでの施術ではじまるのですが、当院では、こういう経過をたどる方がほとんどです。
治ったあとどうなるのかまでは、通院をやめてしまった方については確認できていませんが、メンテナンスで継続通院していらっしゃる方については、みなさんその後なんの問題もなく生活していらっしゃるようで、再発したといってかけこんで来られる方も皆無です。

レントゲンなどで爾後検査してくれたお医者さんの話によれば、進行が止まったものについては、そのまま固まってしまって、ずっと残りはするが、生活には支障ないだろうとのこと。

軽症のうちなら、施術回数はそんなに多く必要なくて、ほとんどの場合2~数回です。
上記のひとのように、息が苦しくて階段を上り降りするのも大変だった人が、 初回施術の帰りにはもう階段を駆け上がった、といった話もよく聞きます。まあ、それで治りきったわけでもないのですが・・

ぶり返しについては、どの方の場合もほとんど感じられないので、当院ではそれほど重篤な病気ではないと思っていますが、通常の治療では治りにくく、また肺ガンになる確率も高いとのことで、案外やっかいな病気のようです。

この病気は、長年にわたってタバコを吸ってきた人によく起きるそうです。
気になる方は病院で検査を受けてみてください。
病院の治療を受けながらでもかまいませんので、COPDと診断された方は、当院へいらしてみることをおすすめします。