主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

子宮への施術パターンについて

生理痛や月経困難症、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、チョコレート嚢胞といったさまざまな子宮の病気にたいしては、当院ではいつでも生理の周期に合わせた一定のパターンをもって施術しております。それはつまり、生理のときをテストあるいは簡易検査と…

生理痛、月経困難症を癒す

生理痛 生理痛はいろいろな要因で起きますが、どういう場合でもプロスタグランジンという物質が直接作用してひき起こされます。プロスタグランジンは体内でつくられ、炎症を起こしたり痛みを感じさせたりする物質ですが、生理や出産の際には、必要に応じて子…

副腎を治す

副腎の仕事 副腎は、ちょうど腎臓の帽子のように腎臓の上にのっかっている臓器で、腎臓の付属物のように思われるかもしれませんが、実は腎臓とはまったく別の大事な仕事をしています。 ざっくり言えば、身体の中央にあって、身体を適正で安定した状態に保つ…

チョコレート嚢胞を治す

チョコレート嚢胞とは、卵巣に発生した内膜症です。 女性ホルモンのたくさん出る生理のとき、卵巣内の内膜片もおおきくなり、生理がくり返されればくり返されるほど大きくなてっていきます。そして、そのまま放置しておくと、しばしば破裂してはげしい腹痛を…

石灰沈着性腱板炎を治す

石灰沈着性腱板炎 当院の施術では、1~2回の施術でかんたんに治ってますが、ネットでみてみると病院では手術になる場合もあるそうです。肩に出る場合が多いようです。 いわゆる五十肩とはちがって、突然予兆もなく激烈な痛みがでます。夜中などに急に痛くな…

喘息、アレルギーを治す

喘息を治す 喘息は、主にアレルギー性の炎症によって気管や気管支が狭くなる病気です。炎症を鎮めてあげれば、発作はおさまります。炎症を鎮めないでおくと、発作の起こりやすい状態が慢性化してしまいます。激しい発作が長く続くと危険な状態になる場合もあ…

子宮筋腫を治す

巨大化した子宮筋腫もしばしば施術しますが、通常の、お腹におさまるていどの大きさのものなら、当院での施術でだいたい治ります。 治るといっても、かんたんに完治というわけにはなかなかいきませんが。 脂肪の代謝 子宮筋腫がなかなか治らない人は脂肪の代…

自律神経失調と卵巣嚢腫と腎炎

この記事は、以前別のブログに掲載したもののリライトです。 **** 自律神経失調と卵巣嚢腫と腎炎 周囲から期待され、それに応えようとハードに仕事をこなしていた方が、オーバーヒートしちゃいました。 自律神経のひどい乱調で、わけのわからない腹痛や、む…

肝臓と脾臓

肝臓と脾臓はタイアップしてはたらく臓器であるため、ともに健康でないと、共倒れになってしまいます。 ですから、当院ではこの肝臓、脾臓に、腎臓をくわえた三つの臓器を一体のものとして施術治療しています。 この三つの臓器の健康をとりもどすことは全身…

脳梗塞と心筋梗塞

脳梗塞と心筋梗塞は別々に起きるとはかぎりません。むしろ、心臓から脳へ患部が移動し、継続して起きてしまうことがよくあります。 ガンの手術後の再発防止に通っていらした方が、そうした事態におちいり、たたみかけるような施術によって、かろうじて回避で…

胃潰瘍を治す

病院では通常、その発生原因によって、ピロリ菌による胃潰瘍とNSAIDs(消炎鎮痛剤)潰瘍とに分けて治療するようですが、当院ではどちらでも同じように施術します。 そのどちらでもなく、抗ガン剤を続けているうちに胃腸をやられ、胃潰瘍になってしまう方もい…

当院の不妊治療の実際

当院の不妊治療 当然のことではありますが、いつも全ての方が妊娠しているわけではありません。 これはパートナーの側の問題もあるでしょうが、それもふくめて妊娠した方は、過去7~8人に一人ぐらいでしょうか。 1、2度受診したきりで来なくなった人もふくめ…

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎の方、 50代女性。肝臓の数値が高い時もありましたが、ステロイドは拒否。他のふつうの薬剤は症状のひどいときだけ飲んでいたそうです。ASTは高いときで200くらいあったとのことですが、当院に通いはじめたころは130~150くらいでした。 ASTは…

関節、筋肉、腱の痛みを癒す

関節や筋肉の痛む人はよく施術します。 股関節、肩、膝、手指、足指などが多いです。 どういう場合でもだいたいは筋肉や腱の炎症が痛みになって出ているので、それを癒すことでおさまっていきます。 人工関節 人工関節をつけている方もよく施術しています。 …

COPD (慢性閉塞性肺疾患 or 肺気腫 )を治す

COPDが治った もう1年以上前になりますが、奥さんのつきそいでいらしていた方が 「わたしも診てもらえませんか。健康診断でひっかかって、精検受けたらCOPDって言われたんですよ。わたしのほうは月一回でいいですから、よろしくお願いします」 と言い出され…

前立腺の改善

前立腺の肥大とガン 前立腺肥大や前立腺ガンの方は多数診てきました。 なので、だいたいのようすは手ごたえでつかめるとは思ってますが、確たるものではありません。 ガンなのか肥大してるだけなのか調べてくれという方もいらっしゃいますが、これは無理。当…

統合失調症の改善

統合失調症の、脳内におけるかたち 統合失調症とは、人間の精神機能を成り立たせている脳内の器官同士の伝達連携がうまくいかず、誤動作を起こしている病気です。 脳内物質を放散する側とそれを受け取る側によって、そうした伝達がおこなわれているのですが…

間質性肺炎を改善する 2

KL-6が下がりました 特発性間質性肺炎の方です。ステロイド使用。サプリはやらないように言われたそうで、やっていません。 いつも1700くらいあったKL-6が、2ヶ月半ほど施術したところ、675に下がりました。基準値まではまだちょっとありますが、咳も止まり…

子宮腺筋症を治す

子宮内膜症とのちがい 月経血の逆流とは関係ありませんが、本来子宮の内腔にのみできるべき子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の壁のなかの筋肉の層にもぐりこみ増殖すると、子宮腺筋症という病気になります。 子宮内膜症も子宮内膜が本来できるべきでな…

子宮内膜症を治す

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所で生育、増殖する病気です。 月経血逆流 子宮内膜は、妊娠の準備をするため増殖して厚くなりますが、妊娠が成立しないと子宮内腔から剥がれ落ち、月経血となって腟から…

逆流性食道炎を治す

逆流性食道炎というのは、経験したひとならだれでもよくおわかりの病気ではないかと思いますが、胃の中の胃液と食べ物の混合物、あるいは胃液自体が食道に逆流する病気です。 本来なら、食道と胃のさかいめには強い括約筋があり、それによって、食物が通った…

声門閉鎖不全を改善して、声をとりもどす

若いうちは声帯もぴったりと閉じることができて、ちゃんと発声できたはずなのに、身体の他のパーツと同じように、加齢に伴って、声帯の中心の声門というところが痩せてきて、すきまができ、自在に振動させることもできなくなります。つまり、声が思うように…

肝硬変

当院施術をもってしても、肝硬変が治りきったというひとがいないため、この記事の タイトルにも「治す」とは書けないのがたいへん残念です。が、ほとんどが明らかな改善にいたっています。 門脈圧の亢進、食道静脈瘤、黄疸 末期でなければ通常は、2、3回も受…

炎症を癒す

炎症というのは、身体の一部が傷ついたとか、あるいはばい菌などに感染したというような場合、この障害個所を治そうと身体が起こす、癒しの反応です。障害の発生した部位には、修復のための物質をたくさん送ろうとして、血管を広げ、血流をふやすよう免疫系…

不眠症を改善する

メラトニン 夜になっても眠れないというのは、その時間に人を眠くさせる脳内物質メラトニンが、必要量分泌されていないからです。 眠れないからといって、睡眠薬や導入剤、あるいは鎮静剤などを飲む方が多いようです。たまに人のお見舞いに病院へ行くと、一…

パニック障害

パニック障害についてよく知らなかったころは、そんなものが治せるとはまったく思えませんでした。しかし、病院で治療を受けてもあまり改善しないのでぜひよろしくと言われ、わけわからないままやってみた結果、案外治ることがわかってきました。 パニック障…

間質性肺炎を改善する

間質性肺炎の方、最近とみに増えているようです。当院でも、ここ数年ずいぶん増えました。肺炎という名前から、一過性のものというイメージをもつ方がいらっしゃいますが、じっさいはほとんど不治の難治病と考えなければなりません。 当院にいらっしゃる方は…