主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎の方、

50代女性。肝臓の数値が高い時もありましたが、ステロイドは拒否。他のふつうの薬剤は症状のひどいときだけ飲んでいたそうです。ASTは高いときで200くらいあったとのことですが、当院に通いはじめたころは130~150くらいでした。
ASTは、肝炎の場合いつも気になる数値です。3か月ほどの受診で40台後半にまで落ち着いてきました。基準値(7~38)まであと少し。
ALTのほうは40を切りましたので、すでに基準値(4~44)です。
IgGのほうはまだ高くて、6000以上あったのが、3700ほどになったところ。

間質性肺炎の併発

病院では診断は受けていないものの、この方は間質性肺炎を併発していたように思います。
初診の施術のとき、肺からジューゴボゴボという水を絞り出すような音が聞こえましたので、すぐにそれと見当をつけました。ご本人も注意して思い出してみると、わけもなく咳が出るようなことがけっこうあったとのことで、間違いないでしょう。
以降、肝臓同様、肺も重点施術部位として施術してきました。もういまでは水の音はしなくなりましたし、咳も出なくなったそうです。

自己免疫性肝炎は

中年の女性に多く発症する肝炎で、その原因はまだよくわかっていませんが、肝細胞の中の何らかの物質を自己免疫が攻撃するために起きると考えられています。放置しておくと、他の慢性肝炎とおなじように、肝硬変や肝機能不全、ときに肝臓ガンへと重態化していきます。
当院施術はそうした進行にたいするブレーキとなります。

通常は自覚症状がなく、健診などでひっかかって発見されることが多いようです。ただ、他の肝炎との区別がつきにくいため、自己免疫性と特定されるまではしばらくかかったりすることもあります。
ほうっておくと、全身がだるく、いつでも疲労感を覚えながら生活するようになっていきます。
当院では脾臓の腫れ(脾腫)の治療をすることが多く、その症状と似てるため、それとよく間違えます。

ステロイド

自己免疫性肝炎にはステロイドがたいへんよく効くそうですが、上記例の方のようにステロイドと聞いただけで拒絶反応を示すひとも多く、そういうひとはただ経過観察のためだけに病院へ通っているような感じになります。
ASTなどの数値があがり、肝臓やときには脾臓も腫れるようになると、いよいよイケませんので、そういうかたはぜひいちどこちらにいらしてください。
さらに放置して肝硬変にまでいたってしまうと、当院でも、なかなかむずかしい治療になってしまいます。

爾後のメンテナンス

また自己免疫疾患は、施術によって症状がおさまっても、それですっかり治りきったわけではありません。常に火種は残っていて、いつなんどきぶり返すかわからない病気です。
とくに自己免疫性肝炎の場合は急激に悪化することもあり、また他の自己免疫性疾患を併発することも多いそうですので、そうしたことの予防もかねて、月に一度くらいは健康保持のメンテナンスのつもりで受診しておいてください。
現に、シェーグレン症候群を併発している方も通院していらっしゃいます。