主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

間質性肺炎を改善する 2

KL-6が下がりました

特発性間質性肺炎の方です。ステロイド使用。サプリはやらないように言われたそうで、やっていません。
いつも1700くらいあったKL-6が、2ヶ月半ほど施術したところ、675に下がりました。基準値まではまだちょっとありますが、咳も止まり呼吸もスムーズになったとのことで、状態はずいぶんよくなりました。ほっとしています。

施術すると、当初は肺全体から水が出ているようないやな音があり、また、まるで指に噛みつかれているのではないかと思えるような強い手ごたえもありましたが、それらはいまはもうなくなりました。
まだ予断は許さないのかもしれませんが、私としてはもう一息がんばればといったところです。

特発性間質性肺炎の場合は、発生状況は人によってまちまちであり、この方の場合も原因にこれといって思い当たるものがありませんので、○○に気をつけてくださいねといったことも申し上げられません。
やっかいな病気ではありますが、とりあえずは治すのが私の仕事なので、ほとんど何も考えることなくその一点に専念しております。