主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

子宮腺筋症を治す

子宮内膜症とのちがい

月経血の逆流とは関係ありませんが、本来子宮の内腔にのみできるべき子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の壁のなかの筋肉の層にもぐりこみ増殖すると、子宮腺筋症という病気になります。
子宮内膜症も子宮内膜が本来できるべきでない場所にできてしまう病気ですが、子宮筋の中にできるものを子宮腺筋症、それ以外の場所にできるものを子宮内膜症と呼んでいるわけです。

症状と治療

子宮内膜症と同じように、分泌される女性ホルモンの量に比例して病気が悪くなります。
子宮筋層内で増殖と剥離をくり返すため、患部の筋層は次第にぶ厚くなってその部分が腫れたり、あるいは子宮全体のサイズが大きくなっていきますが、それにつれて月経痛もひどくなります。過多月経やそれによる貧血になることもあります。
加齢にともなって女性ホルモンの量が減り、閉経すると患部は縮小し、症状もなくなることがほとんどだということです。

病院での処方は、痛み止めにくわえて低用量ピルが一般的なようで、ほかのホルモン剤とくらべて副作用が少なく、長期間使用でき、そのうえ安いので、よく使われるようです。

当院施術は、子宮内膜症とおなじようにおこないます。筋層内部であっても、内膜片をそのまま破砕して流すようにしています。
ですが、子宮内膜症の場合とちがって行き場のない狭い場所ですので、破砕した粒が大きいままでは流れません。痛みもすぐに消えてなくなるというわけにはいかないことが多いです。施術をくり返し、細粒化し融かすくらいでないと・・
なので、子宮内膜症よりはちょっと時間がかかるかもしれません。

いずれにせよ、そうやってさしあたっての症状をおさえながら、子宮内膜症の場合とおなじように、平行して免疫を強化するようつとめていきます。これをしておかないと、せっかく痛みがとれ、すっきり治ったように見えても、またおなじものができてしまいますから。

治るまでの期間というのは、重症であっても軽症であっても、それほど変わるものではありません。
通常は週1回くらい受けていただきますが、軽い人で1、2か月、重症のひとで3、4か月というのが目安です。別に線をひいて治してるわけではないので、軽い人がちょっと長くかかったり、重症の人が早く治ったりというのはよくあります。
とくに、ほかの病気を併発していて、それもついでに治していくとなると、それなりに長くはなります。

  → 子宮への施術パターンについて