主にガンを治してますが、他院では治せない系、原因不明系、難病系、多種疾患複合発症系、自己免疫疾患系、自律神経系などの難解な疾患については、ガンでなくてもお受けしております
このブログではそうしたガン以外の病気について記します

炎症を癒す

炎症というのは、身体の一部が傷ついたとか、あるいはばい菌などに感染したというような場合、この障害個所を治そうと身体が起こす、癒しの反応です。

障害の発生した部位には、修復のための物質をたくさん送ろうとして、血管を広げ、血流をふやすよう免疫系が作動するので、腫れたり、血の色の赤みを帯びたりします。
また熱が出たりもしますが、それは障害個所を治そうと白血球などを活発にはたらかせるために、身体がわざとそうしているのです。痛みは全身に障害が起きたことを知らせ、それによって修復のための救援物資を送ってもらうためです。
こういった一連の動作が炎症反応です。
こうして、平常時とは違う修復のための物質がたくさん集められ、障害された組織にたいする癒しがはじまります。

プロスタグランジン

プロスタグランジンはそうした癒しの反応全体を支援し、促進させるはたらきをしています。
つまり、プロスタグランジンは患部に血液をたくさん流しこんで、腫れるような状態をつくり、痛みを発生させますが、もちろん悪いものではありません。それによって身体を害しているわけではなくて、逆にその障害をなおそうとしているわけです。

ところが、あんまり痛いので、あるいは熱が出てつらいので、とりあえず炎症を鎮めたいというわけで、ヒトはしばしば消炎・鎮痛剤などを使います。
炎症を鎮めるには生体物理的には、ダイレクトにプロスタグランジンが身体の中につくられないようにすればいいので、たとえば薬でいえばアスピリンなどがそういう意味で有効です。

アスピリンと当院施術

当院の施術も炎症を鎮めるのがけっこう得意です。
副鼻腔炎、甲状腺炎、逆流性食道炎、胃炎、すい臓炎、腎盂炎、急性肝炎、大腸炎etc..、これまでいろいろな炎症を鎮めてきましたが、これらについては、今後このブログにたっぷりと書きこむ予定でおります。
ガンを治すには多数回の施術と長い月日がかかってしまいますが、こうしたただの炎症ですと、ほとんどの場合はるかに短期で治ります。

この、炎症を鎮めるのが得意という当院の施術にも、障害個所に生命エネルギーを注ぎこむことによって修復を促進し、過剰なまでのプロスタグランジンの生成を抑制する作用があるだろうと考えています。

いっぽう、アスピリンにはプロスタグランジンの生成を抑制することによって、消炎・鎮痛だけでなく、ガンの発生をも抑制できるということが調査研究によって、ずっと前からすでにわかっています。
逆にいえば、「プロスタグランジンの多きはガンの発生を促進する」ということでしょう。

私のサイトの「温熱療法は危険」というページにも書いてありますように、ガン患部をあたためて血液循環をよくしますと、その血流にのって流れてくる栄養をどんどん取りこんで、ガンは急速に成長します。
それと同じことが、アスピリンも飲まず当院施術も受けずに、ただプロスタグランジンの生成をふつうに放置した場合にも言えるのではないでしょうか。
つまり、プロスタグランジンが傷を治そうとして血液を送りこむと、ガンをも成長させてしまうのではないかということです。

当院で以前からおこなっているガンの再発防止術も、かなりの高確率でガンの発生を抑止しているわけですが、やはりアスピリンとおなじようにプロスタグランジンの生成を抑制しているからともいえるのではないかと考えます。
もちろん、施術前と後に被験者の血液など採取してプロスタグランジンの量を比較測定したわけではありませんので、私のいってることが真実かどうかはわかりません。いわゆるエビデンスとやらはありません。

ただ、消炎とガン抑制という2つの観点からみると、アスピリンと当院施術との間には、相関というより相似の関係が成り立っているのはたしかです。
以上、当院の施術がなぜ身体に効くのかよくわからんといって、眉にいっしょうけんめい唾をぬっていらっしゃる向きも多いでしょうが、そうした方々へのささやかな説明にはなったかと思います

・・・
と、ここまで読んできて、あわててガン予防のためにアスピリンを Amazon などに注文なさったひとはいませんか?
それ、すぐ中止をクリックしたほうが身のためです。
アスピリンには、健康な人が飲み続けるとヤバい副作用がありますから。
抗血小板薬でもありますので、血はサラサラになるのかもしれませんが、出血した際には止まりにくくなりますし、身体の柔らかい部分、胃腸や脳などからは出血しやすくなります。
また、肝機能障害を起こして、AST、GOT、ALT、GPTなどの上昇をまねくそうです。

当院施術には副作用はまったくないので、その点では、当院施術とアスピリンとの相似関係はありません。


参考Web
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係 ~熱冷ましでがんの予防?
     by 同友会グループ